霜焼組 第四回展示会

アーティストに負荷を与えるおかしなグループ展

ルールに従って作品制作せよ

不可思議な世界

17人の変態がお送りする

アートによるエンターテインメント

日本人はアート恐怖症パンデミックに陥っている

みんなアートに近寄りがたい病気なのだ

何故なら日本は芸術好きの芸術好きよる芸術の為の芸術しか行ってないからである

芸術好き以外は近寄ってはならない高貴な嗜好品に近づく「一般人」など存在しない

海を越えた世界はそんなことはない

芸術が道端に転がってても不思議ではないし、本来「一般人」などというくくりは芸術になどないのだ

もともと芸術がお盛んな日本にとって、この現象は危機感を持たなくてはならない

アートお洒落ではない

アート異次元のものではない

アート怖くない、怖くない

この事態に処方すべく美術館が動き出しているが、彼らのターゲットはもともと「芸術好き」なのだ

自称芸術家と言われようが構わない

日本の「一般人」

芸術が好きになりたいのになれない「一般人」の手が届く場所「グループ展」

スポンサーもなく作者がお金を出し合っても開きたい展示会「グループ展」でやらなきゃ何処がやるのだろうか?

現代のグループ展に一石を投じる展示会

そんな展示会を霜焼組が開催しようではないか

「どうしてこんな作品を作ったの?」

言いづらいかもしれませんが、聞いてくれれば作者が応えてくれる窓口を用意しました。

今回が近寄りがたくても、僕たちは何年でも何年でも窓口を拵えるつもりです。

いつかあなたと会うその時まで

ばっちこい

組長、霜焼きトマト

Copyright 2017 shimoyakigumi all right reserved.